ヒペリカム
花と実が混在するヒペリカム

ヒペリカムはフラワーアレンジメントのアクセントとして、

花ではなく、実が利用されることが多いです。

庭木として広く栽培される低木でコンパクトにまとまります。

5~6月頃に3~4センチの山吹色の花をつけます。

秋には実が赤色から熟すと黒紫色に変化します。

実の中にごく小さな種があり、種をまいて増やすこともできます。

紅葉も楽しめます!

ヒペリカム Hypericum’s overview

花言葉 「秘密」「復讐」 Language of flowers “Secret “” Revenge “
科 名 オトギリソウ科 Family Hypericaceae
属 性 オトギリソウ属 Genus name Hypericaceae
植物分類 中央アジア~地中海沿岸原産の樹木 Plant classification Originated in Central Asia – Mediterranean Coast,Tree
鑑賞時期 5月〜9月 Flowering time May – December
用 途 庭植え、鉢植え、切り花 Use Outdoor plant, Potted plant,
誕生花 8月27日 irth flower August 27

植え付け場所

よく日が当たる場所から半日陰で育てます。

日にあたりすぎる場所では、実の色が濃くなります。

水はけがよく、極端に乾燥しない場所が最適。

植えつけ時期

春、3~4月

秋、9月下旬~10月

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 

鉢植えは、水切れしやすいため

夏は、朝夕にたっぷり与えます。

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

スポンサーリンク

(Visited 39 times, 2 visits today)