シラーペルビアナ (大蔓穂) Cuban lily  Peruvian lily 画像

4月下旬から5月にかけて開花するシラーペルビアナ

日本名は、オオツルボといいます。

球根植物で、水仙が終わったころに咲きだす花です。

紫以外に白花もあるそうです。

耐陰性があるため、日陰でも栽培できます。

日の当たるところで栽培するほうが、

花付きはよいです。

草丈20~30センチとコンパクトです。

シラーペルビアナ (大蔓穂) Cuban lily  Peruvian lily 画像

植え付け方法

秋、9下旬~11月上旬ごろに球根を、鉢または花壇に植えます。

球根の先端から5センチくらい土をかぶせるとOK!

ユリのように深植えしないようにしてください。

チューリップのように、花が終わって

休眠期に入ったら球根を掘り起こさなくてもOKです。

数年、植えっぱなしでも育ちます。

増やし方

植え付け時期と同じ秋ごろに、

球根を掘りあげて、球根をばらして植えてつけます。

シラーペルビアナ (大蔓穂)  Cuban lily  Peruvian lily’s overview

花言葉 「熱愛」「豊富」「我慢強い」 Language of flowers Ardent love “
” rich “ ” enduringl”
科 名 キジカクシ科 Family Asparagaceae
属 性 ツルボ属 Genus name Barnardia
植物分類 地中海沿岸原産 多年草 Plant classification Mediterranean coast of origin,Perennials
鑑賞時期 4月~6月 Flowering time April – July
用 途 庭植え、鉢植え Use Outdoor plant,
Potted plant
誕生花 2月27日、3月13日、
3月15日、5月30日、
5月31日、6月7日
Birth flower February 27, March 13, March 15, May 30, May 31 June 7

球根を掘り返して株分けして増やすことができます。

植えっぱなしでも、毎年花を咲かせてくれます。

シラーペルビアナ (大蔓穂) Cuban lily  Peruvian lily 画像

茎から、 中心に向かって咲き進みます

星形の花を20~100輪ほどまとまって開花。

直植えしていれば、肥料、水を与えなくても

自然の雨水で育つ植物です。

多湿が苦手なので、水の与えすぎに気をつけましょう。

花後の管理

花が終わったら、花ガラ摘みを行います。

花の茎の下のほうからカットして、お礼肥をまいて

来年の開花を待ちます。

シラーペルビアナ (大蔓穂)  Cuban lily  Peruvian lily

スポンサーリンク ホームページのリニューアルなら!ホームページ.com

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

(Visited 57 times, 3 visits today)