南天

南天(なんてん)という名前が

難転(なんてん)に通じるとされ、

縁起物として庭木として人気の植物です。

古くからの伝統的に 東北の方角 (鬼門)に

南天 を植えて大切に育てる習慣があります。

6月に白い花を咲かせ、晩秋から年末にかけて

赤い実をつけるため、

南天には、魔除けの力があると信じられてきました。

南天 Nandina’s overview 

花言葉 「幸せ」「私の愛は増すばかり」「福をなす」「よき家庭」(赤実)「深すぎる愛」「機知に富む」 Language of flowers “Rich in happiness, “” my love is increased only “make a” fortune “,” good home “(red)” too deep love, “” wit” 
科 名 メギ科 Family Berberidaceae
属 性 ナンディナ(ナンテン)属 Genus name

Nandina

植物分類 日本・中国・東アジア原産 常緑低木 Plant classification Japan, China native, Evergreen shrub
鑑賞時期 10月~12月 Flowering time October– December
用 途 庭植え、鉢植え Use Outdoor plant, Potted plant
誕生花 12月5日、12月8日 Birth flower December 5,  December 8

咲き進んでくると、

黄色のおしべとめしべが

目立つようになります。

小さな小花がたくさんつきます。

南天を植える場所は、

午前中の光が当たるような半日陰地。

通気性、水はけがよく、

適度な湿度を保つ肥沃な土を好みます。

庭植えをすると、水やりもほとんど必要ありません。

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

スポンサーリンク

(Visited 42 times, 3 visits today)