日本の夏の暑さと乾燥に強く、

夏から秋にかけて長期間咲き続けます。

花のようなものは、 実は苞のため

ドライフラワーにしても色あせません。

種を蒔いて育てる草花で

暖かくなった5月に種を蒔きます。

日本の気候に合うため、育てやすいので

種からまいて育ててみてください。

初夏には、ポット苗の販売もあるので

購入して寄せ植えとして利用できます。

センニチコウ Globe amaranth’s overview

花言葉  「変わらぬ愛」「不朽」 「変わらない愛情を永遠に」「色あせぬ愛」 Language of flowers immortality
unfading love
科 名  ヒユ科 Family Amaranthaceae
属 性  ゴンフレナ属 Genus name Gomphrena
植物分類   熱帯アメリカ原産 1年草 Plant classification Tropical American origin
鑑賞時期  5月〜11月 Flowering time May – November 
用 途   鉢植え 露地植え Use Potted plant, Outdoor plant
種まき   4~5月 Seeding March – May
誕生花  8月14日、9月22日 Birth flower August 14, September 22
センニチコウ

植え付け方法

種の撒き時は、少し暖かくなり始めた4~5月です。

発芽温度:25℃

ポット苗の場合は、5月~8月に根鉢を崩さず

植え付けます。

肥料

5月から10月にかけて、

緩効性化成肥料を月に1度与えます。

置き場所

日当たりと風通しのよい場所に植え付けます。

庭に植えるときは、日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。

日頃の管理

暑さと乾燥に強い植物です。

花が枯れたら、花ガラ摘みを行ってください。

伸びすぎたら、好みのサイズに切り戻します。

花後は短めにカットし姿を整えましょう。

水やり

乾燥気味が良く水を遣り過ぎないように注意して、

鉢植えは、土の表土が乾いたら水やりをしましょう。

庭植えでは、自然降雨だけでOKです。

センニチコウ

動画はじめました!

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
アイコンの説明

(Visited 61 times, 1 visits today)