花の少ない真夏の暑い時期に、

太陽をイメージさせる濃黄色の

花が咲きます。

豪華に見える、八重咲きタイプ。

毎年咲く宿根草で、強健な性質で、

長期間花が楽しめます。


冬になると枯れてしまいますが、

根が残り、冬越しします。

翌春、芽を出し夏になると花を咲かせる。

八重咲は、種が出来ないので

さし木で増やします。

上の写真は、同じ宿根ヒマワリです。

一重咲きと八重咲では

花の印象が全く違ういますね。

宿根ヒマワリ Helianthus’s overview

花言葉 「憧れ」「輝かしい未来」「崇拝」「快活な性格」 Language of flowers ” yearning “” brilliant future “” worship “” cheerful personality”
科 名 キク科 Family The plant family Compositae
属 性 ヘリアンサス属 Genus name Heliopsis  annuus
植物分類 北アメリカが原産 多年草 Plant classification Native to North America,Perennials
鑑賞時期 9月~10月 Flowering time September – October
用 途 露地栽培 Use Outdoor plant
誕生花 10月15日 Birth flower October 15

植え付け方法

暑さと、乾燥に強いため、

日当たりと水はけのよい場所に

4月ごろに株間を30~40センチとり、

苗を植え付けます。

加湿と日照不足になる場所は避けます。

肥料

緩効性化成肥料を4月と6月と10月に施します。

置き場所

日当たりと風通しのよい場所に

おきます。

日頃の管理

春に、摘心すると脇芽が育って花数が増える。

花が終わったら、枝葉を切り戻します。

花ガラを摘むと次々と花が咲く。

水やり

乾燥気味に管理し、乾いたら水やりするようにします。

動画はじめました!

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

(Visited 49 times, 6 visits today)