オミナエシ,女郎花,Patrinia Scabiosaefolia,育て方
オミナエシ

オミナエシは、秋の七草のひとつです。

①萩の花

尾花  (オバナ ※ススキ)

③葛花

瞿麦の花 (ナデシコ)

女郎花

⑥藤袴

朝貌の花   (桔梗)


日本に自生し、日当たりのよい

草原に見られる植物です。

花の色は黄色く、小さいので粟花ともいわれます。



万葉集の中で、 山上憶良 が

「萩の花尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」

と秋の七草を歌に詠んでいます。

古来から、日本の文化に溶け込んだ草花です。

オミナエシ 女郎花 Patrinia Scabiosaefolia’s overview

花言葉

「約束を守る」

Language of flowers “I keep a promise”
科 名 オミナエシ(スイカズラ)科 Family Valerianaceae
属 性 オミナエシ属 Genus name Valerianaceae
植物分類 日本 東アジア原産 多年草 Plant classification Japan origin
Perennial grass
鑑賞時期 8月〜10月 Flowering time August– December
用 途 路地植え、花壇 Use Outdoor plant
種まき 2~3月 Seeding February – March
誕生花 8月16日、9月5日、10月6日 Birth flower August 16, September 5,
December 6

植え付け方法

2月~3月にの休眠時に、

株分け後に植え付けます。


2~3年で込み合ってくるので、

掘り上げて植えなおしをします。


春の2月 ~ 3月にたねをまきます。

順調に育つとまいた年に開花します。

肥料

鉢植えは春から夏にかけて、

草花用の肥料を少量施します 。

庭植えには必要ありません。

置き場所

日当たりのよい場所に植え付けます。

日陰では成長も花つきも悪くなり、

枯れることもあります。

日頃の管理

ひょろりと背の高い植物です。

茎が倒れる場合は支柱を立てて支えましょう。

水やり

鉢植えは、土の表土が乾いたら水やりをしましょう。

水を好むため、夏は1日1~2回与えます。

庭植えでは、自然降雨だけでOKです。

オミナエシ,女郎花,Patrinia Scabiosaefolia,育て方

動画はじめました!

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
アイコンの説明

(Visited 27 times, 2 visits today)