ヒマワリ Sun flower サンリッチ フレッシュオレンジ
アイコン/ポーチュラカ

夏の花の代表といえば、大きく育つひまわりです。

青空に映える黄色い花は元気いっぱい。

最短55日で開花するという、ひまわり・サンリッチ

芯の部分がオレンジ色の「フレッシュオレンジ」です。

種を植えてから、60日で開花しました。

花粉が出にくいタイプで切り花として人気。

草丈2mくらいに成長しました。

ヒマワリ Sun flower サンリッチ フレッシュオレンジ
台風10号接近で風に揺れるひまわり

5月下旬に種をまいてから

一気に成長するひまわり。

生命力と強さを感じます。

ひまわり
7月中旬(種まきから20日)

ヒマワリ Sun flower’s overview

花言葉 「私はあなただけを見つめる」「愛慕」「崇拝」 Language of flowers “I stare at you only” “love” “worship”
科 名 キク科 Family The plant family Compositae
属 性 ヒマワリ属 Genus name

SunFlower

植物分類 北アメリカ原産 多年草 Plant classification North America native
perennial plant
鑑賞時期 5月~8月 Flowering time May– August
用 途 庭植え、鉢植え Use Outdoor plant, Potted plant,
誕生花 7月6日、7月20日、8月2日、8月5日、8月31日 Birth flower July 6, July 20, October 2, October 5, October 31
ヒマワリ Sun flower サンリッチ フレッシュオレンジ
ヒマワリ Sun flower

植え付け方法

発芽適温は25℃ 3~4日。

気温30℃以上になると発芽が鈍るため、

種まきをお勧めしません。

完熟堆肥を混ぜ込んだ土に、直まきします。

種をまく間隔は、12×12 cm 間隔又は、10×10 cm

肥料

追肥は葉色を見ながら

下葉が黄色になってきたら

肥料切れのサインのため

液肥を与えます。

置き場所

日当たりと水はけのよい場所で

育てます。

水ぎれすると枯れてしまうため

ほぼ毎日の水やりが必要となります。

日頃の管理

つぼみがでてきたら、下葉の黄化が始まり、

病気が発生しやすくなります。

黒斑病、うどんこ病、さび病、

べと病、斑点細菌病に注意しましょう。

水やり

発芽から生育初期は、

表土が乾いたらたっぷりと水やりします。

生育とともに徐々に水やりを減らしていきます。

ひまわり

動画はじめました!

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

 

 

(Visited 19 times, 2 visits today)