オステオスペルマム

耐暑性のある品種とあって、

夏の暑さに耐えたオステオスペルマムが

涼しくなり秋にも開花を始めました。


日本の気候と相性の良いタイプは、

放任で育つ多年草。

時期になると花を咲かせてくれます。


地を這うように広がるので、

グランドカバーとして使える草花です。

オステオスペルマム Osteospermum

花言葉 「元気」「無邪気」「変わらぬ愛」「ほのかな喜び」「心も体も健康」「健やかな人」 Language of flowers “Health”,” innocent” ” abiding love “,” faint joy, “” mind and body health “,” healthy people”
科 名 キク科 Family asteraceae plant
属 性 オステオスペルマム属 Genus name Osteospermum sp.
植物分類 熱帯アフリカ、アラビア原産、多年草 Plant classification African,Arabia native , perennials
鑑賞時期 1月~5月、9月~11月 Flowering time January – May , September – November
用 途 庭植え、鉢植え Use Outdoor plant, Potted plant
誕生花 4月17日、4月20日 Birth flower April 17,  April 20
5月頃のオステオスペルマム

ふやし方

種まきとさし芽で増やします。


種まきは、9月中旬~10月で

園芸店で種を買い植え付けると翌春に開花します。


さし芽 は、温暖な時期の6月と9月です。

芽を切り、発根促進剤をつけて土に挿してふやします。

植え付け方法

暑さと、寒さに弱いため、

日当たりと水はけのよい場所に

春、4月~5月、

秋、10月に株間を30~40センチとり

苗を植え付けます。

加湿と日照不足になる場所は避けます。

肥料

夏の6月~8月を避け、

9月~5月にかけて定期的に

緩効性化成肥料を施します。

置き場所

日当たりと風通しのよい場所におきます。

夏の梅雨時、湿気でムレを嫌います。

冬の寒さもも苦手なため、霜が当たらないように、

鉢植えの場合は、雨のかかりにくい軒下へ移動させます。

日頃の管理

花が終わったら、花ガラを摘むと次々と花が咲く。

冬の低温で花芽ができるため、10月中に摘心します。

水やり

3月~11月までは土の表面が乾いたらたっぷり与えます。

6月~8月は乾燥気味に管理し、加湿にならないようにします。

オステオスペルマム
今秋の1番花

動画はじめました!

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

(Visited 64 times, 5 visits today)