Christmas rose

1度植えると、環境が合えば

何年も生き続ける多年草です。

種から植えると、

5年くらいしないと花が咲きません。

2年モノ、3年モノ、花付きと

ポット苗が販売されています。


ラベルの花の写真を見て購入た場合は、

花が咲くまで数年かかります。

始めて育てる場合は、

花付き苗を購入することをお勧めします。

根がどんどん育つので、

ポットサイズより一回り大きな

深鉢に植え付けましょう。

下を向いて花を咲かせます。

鉢植えの場合は、目線より高い位置に飾りましょう。

直植えの場合は、盛り土をした

花壇などに植えるといいです。

Christmas rose

クリスマスローズは、毒があるので

害虫の被害はほとんどありません。

春先になると花を咲かせるため、

手間いらずで、初心者向きです。


綺麗な花を咲かせるために、

活動期になる秋、

10月に緩和性肥料を忘れずに与えましょう。

2月~3月にかけて、たくさんの花を咲かせてくれますよ。

クリスマスローズの概要 Christmas rose’s overview

花言葉 「私の不安をやわらげて」「慰め」「中傷」 Language of flowers “Stop my anxiety” “comfort” “slander”
科 名 キンポウゲ科 Family Buttercup family
属 性 ヘレボルス属 Genus name Helleborg
植物分類 ヨーロッパ、中国原産 多年草 Plant classification Europe, China origin, Perennial grass
鑑賞時期 12月~4月上旬 Flowering time December – early April
用 途 10月~3月 Use October – March
種まき 露地植え、鉢植え Seeding Outdoor plant, Potted plant
誕生花 11月16日、12月13日、12月26日 Birth flower November 16, December 13, December 26

植え付け方法

2月から3月にかけて、花付きのポット苗が販売されています。

水はけがよく、明るい半日陰に植えつけます。

直植えの場合は、落葉樹の下に植えると夏は日陰。

冬から春にかけては、日当たりがよく花がよく咲きます。

Christmas rose
落葉樹(栗の木)の下に植えたクリスマスローズ

肥料

休眠期が終わり、活動期になる

10月に緩効性肥料を施します。

適度に肥料を与えると花数が増えます。

Christmas rose

置き場所

じめじめした環境が苦手です。

鉢植えの場合は、梅雨時はの木したなど

雨のかからない場所に移します。

活動期の10月~4月にかけては

よく日の当たる場所に置きます。

休眠期の5月~9月にかけては、

半日陰に置きます。

Christmas rose

日頃の管理

秋に新芽が展開し始める11月~12月に

古い葉をつけ根から切り取り整えます。

花が終わったら、花ガラ摘みを行います。

タネをとる場合は、タネが成熟するのを待って、

花ガラを切り取ります。

Christmas rose
一重の花には、種ができます。

水やり

庭植えの場合は、植え付け時に水やりをしたら

雨の水でOKです。

鉢植えの場合は、

活動期の10月~5月に鉢土の表面が乾いたら

鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。

休眠期の6月~9月にかけては、乾燥気味に管理します。

Christmas rose

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
アイコンの説明

(Visited 500 times, 67 visits today)