ベゴニア

八重の花がたくさん咲き、

華やかなベゴニアダブレット

ベゴニア ダブレット
八重咲きベゴニア ダブレット ピンク


花色は、白、ピンク、赤、ローズと暖色系。

花びらは、グラデーションになり小さな球形になります。

ベゴニア ダブレット
八重咲きベゴニア ダブレット 赤


葉色は、銅葉、緑葉があります。

病虫害にも強く、 とても育てやすい 。

少々の乾燥に強く、春から秋にかけて楽しめます。

冬も室内で管理すると冬越しも可能な多年草です。

真夏の暑さやムレには弱く、

気温の急に上がったときに

急に腐って枯れてしますこともあります。

雨水にさらしすぎず、

風通しの良い半日陰で管理すると

夏越しが容易です。

日中、直射日光に当てすぎないようにしましょう。

ポット苗は、3月末ごろから販売が始まるので

見つけたら早めに買って、一回り大きな鉢に植え付けましょう。

ベゴニア
植え付けから1か月でこんもり育ちます。

草丈が、20~30センチでコンパクトにまとまるため、

鉢植えや、寄せ植え、花壇に最適です。

ベゴニア・センパフローレンス (一重)

八重咲のベゴニア・ダブレットは、

ベゴニア・センパフローレンスと性質がほぼ同じです。

ベゴニア ダブレット

ベゴニア Begonia semperflorens ’s overview

花言葉  「片想い」「愛の告白」「親切」「幸福な日々」 Language of flowers “Unrequited love” “Confession of love” “Kindness” “Happy days”
科 名  シュウカイドウ科 Family Begoniaceae 
属 性  ベゴニア属 Genus name Begonia
植物分類 熱帯~亜熱帯、多年草 Plant classification Tropical to subtropical native
Perennial 
鑑賞時期 3月〜11月 Flowering time  May – November
用 途 花壇、鉢植えの他、ハンギング Use  
種まき タネまき 挿し木でふやす Seeding Potted plant, Outdoor plant, Hungging
誕生花 10月18日、11月29日 Birth flower  October 18, November 29

植え付け方法

水はけがよく、通気性に富み、

適度な保水性のある

市販の培養土に

緩効性化成肥料を

元肥として混ぜこんで

植え付けます。

真夏を避け、春から初夏、

秋に植え付けましょう。

肥料

真夏をさけ、春から初夏と

秋に、定期手的に液体肥料をあたえます。

置き場所

日当たりと風通しのよい場所に置きます。

夏の強い直射日光にも耐えますが、

日差しの強い真夏は建物の東側などで管理します。

日頃の管理

花が終わったら、病気やカビ予防のため

花ガラ摘みをします。

真夏は、株が弱り枯れることも多いので

剪定や、追肥はしないほうがよい。

水やり

春と秋は、雨水でOK

真夏は表土がよく乾いたら、

早朝にたっぷりと水やりします。

 

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

アイコンの説明

ベゴニア

(Visited 105 times, 7 visits today)