石蓮花は、せきれんかと読む多肉植物です。葉の形が、蓮の花に似ているのが名前の由来です。ベンケイソウ科のエケベリア属で、朧月の中国名です。
葉の部分は白っぽい灰緑色が特徴の多肉植物です。

耐暑性も耐寒性のどちらも高いという性質を持っているため、温暖な東京以西の日本では、屋外で育てることができます。 葉が凍らないくらいの外気温なら、冬でも路地で越冬も可能です。

丈夫で葉ざしでよく殖えます。耐寒性もあるため、冬でも屋外で育てることができます。雪が降るような地域では、屋内に取り込んで冬越しさせましょう。

多肉植物 葉ざし


中国では、 石蓮花、 グラプトペタルムを品種改良した食用品種があります。
台湾のホテルでは、なんと!石蓮花の葉がサラダバイキングに登場していました。
血糖値を下げる作用があったり、葉1枚に牛乳50ml分のカルシウムがあるそうです。ビタミンA.B.C.Eのほかミネラルなどたくさんの栄養が含まれているそうです。骨、血圧、血糖値、胃腸、肝臓などに良いらしい。最近では免疫賦活作用や、脂肪燃焼作用もあるとわかってきたそうです。栄養価が高いため、 石蓮花 がはいったサプリメントも販売されています。

日本では、食べられる多肉「グラパラリーフ 」として流通しています。
園芸店で販売されている 「朧月 」は観賞用なので食べ物ではありませんので食べないでくださいんね。

石蓮花 グラパラリーフ

石蓮花 Graptopetalum paraguayense

花言葉 「秘められた恋」 Language of flowers Hidden love
科 名 ベンケイソウ科 Family Benged family
属 性 グラプトペタルム属 Genus name Graptopetalum
植物分類 メキシコ原産 Plant classification Mexico native perennials
鑑賞時期 花 4月~5月 Flowering time Flower April – May
用 途 鉢植え、直植え Use Potted plant
植付け 3月~5月、9月~10月 Seeding April – May,
September – October
石蓮花 グラパラリーフ

植え付け場所

1年を通して日当たりと風通しのよい場所で管理します。

梅雨の長雨の影響を受けない場所に置きます。

夏と冬は水やりを控えめにします。

冬は、寒風が当たらない場所、

霜の影響を受けない場所で管理しましょう。

肥料

春と秋の生育期に、

緩効性化成肥料を与えます。

植えつけ時期

春、3~4月

秋、9月下旬~10月

水やり

春と秋の生育期 は、

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 

夏と冬は、水やりを控えます。

日頃の管理

冬、霜が当足らないところで

葉が凍らなければ、 戸外に置いてもOK 。

石蓮花 グラパラリーフ

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ


greensnap

スポンサーリンク

石蓮花の仲間 (グラプトペタルム )

1 1
ブロンズ姫 秋麗

アイコンの説明
(Visited 157 times, 47 visits today)