アスター,China Aster

種から育てられるアスターは、 エゾギクやサツマギクともいわれます。

毎年、種から育てています。栽培ポイントを紹介します。

アスターは、連作障害が出るので、

毎年同じ場所に植えるとうまく育ちません。

発芽適温は15℃前後になるので、(暖地)の場合3月末に

種まき用土をいれたセルポットに種まきしています。

覆土は5mmくらいにします。

明るい場所、気温が低くなりすぎない場所に置き、

水の管理をして水ぎれを起こさないように苗を育てます。

アスター,China Aster
種まきから1か月、4月末には定植可能となる苗に

種まきから1か月頃になると定植可能となるくらい成長します。

アスター,China Aster
アスターの苗

移植を嫌う草花です。

本葉2枚くらいの幼苗のうちに

ポットに植え替えて育苗する方法をとります。

根を痛めないように気を付けて、フォークで苗を取り出して定植します。

アスター,China Aster
畝つくり

植え付ける場所は、日当たりがよく水はけのよい場所を選びましょう。

土を耕し、等間隔に筋をつけます。

アスター,China Aster
アスターの定植

15センチ間隔、均等に定植。たっぷりと水やりをし、

根が張るまで朝晩水やりを欠かさないようにするのがポイントです。

アスター,China Aster
アスターの苗

定植から1か月すると、根を張りしっかりした苗になります。

草取りをして、肥料を与えて育てます。

ネットを取り付けて、倒れないように防御します。

アスター,China Aster
アスターのつぼみ

6月下旬に入ると、つぼみが上がって、7月には 開花はします。

アスター,China Aster

花色も色とりどりで、赤、ピンク、白、紫など

アレンジも楽しめます。

アスター,China Aster

アスターの概要 ChinaAster’s overview

花言葉 多様性、変化,忠実、貞節、私はあなたを想うでしょう Language of flowers ”variety” ”fidelity”
”I will think of you”
科 名 キク科 Family Asteraceae
属 性 カリステフス属 Genus name annual aster
植物分類 中国北部原産 Plant classification China Northern origin, Annual Grass
鑑賞時期 7月~9月 Flowering time  July – September
用 途  庭植え   Outdoor plant
種まき 9~10月、4~5月 Seeding September – October
April – May
誕生花 4月3日、4月10日、4月22日、8月29日、11月28日 Birth flower April 3rd, April 10th ,  April 22th ,  August 29th , November 28th
アスター,China Aster

植え付け方法

発芽適温は15~20℃のため、

4月中旬にセルトレイに種を撒き、

種まきから1か月したら、定植します。

肥料

元肥として、培養土に

チッソ・リンサン・カリを成分の化学肥料と

苦土石灰を混ぜ込んでおきます。

置き場所

日当たりと水はけのよい場所に植え付けます。

相対的長日植物なので、

短日条件になると開花が促進します。

日頃の管理

草丈が伸びてきたら、支柱を立てて支えてください。

花が終わったら花ガラ摘みをします。

アスター,China Aster

水やり

鉢植えの場合は、

土が乾いたら水をたっぷりと与えるを心がけましょう。

庭植えの場合は、

晴天が続かないかぎり水やりの必要はありません。

アスター,China Aster

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
アイコンの説明

 

 

 



(Visited 68 times, 14 visits today)