インパチェンス
インパチェンス

インパチェンスには大きく分けて2種類あります。(写真で比較)

インパチェンスとサンパチェンスの違い

インパチェンスとは、ツリフネソウ科の植物 アフリカホウセンカ。

日本ではインパチェンスといえばこちらのことをいいます。

種から栽培できる多年草ですが、

日本では、冬の寒さで枯れるため1年草の草花です。

インパチェンス
インパチェンス

インパチェンスは、草丈 15~40cm とコンパクトです。

直射日光をさけ、木陰など半日陰で風通しのよい場所に植えるとよく育ちます

日本の真夏は暑く、株が弱り花も落ちてしまいます。

剪定して風通しを良くして夏越しさせると、

涼しくなる秋にまた花が咲きだします。

インパチェンス
八重咲きインパチェンス

花は一重に加えて、八重咲きもあります。

特に人気の高いのは「カリフォルニアローズ・フィエスタシリーズ」に

代表されるバラ咲き品種です。

生育がとても早く、株いっぱいに花が咲きとても豪華です。

インパチェンスとサンパチェンスの違い

インパチェンスとサンパチェンスの最大の違いは、花や葉の大きさです。

インパチェンスに比べるとサンパチェンスは、

花も葉も1まわり大きいのが特徴です。

サンパチェンス
サンパチェンス

サンパチェンスは、 インパチェンス属のニューギニアインパチェンスの

種間雑種としてサカタのタネが開発した草花 で、

俗にいう、パテントものです。

インパチェンスと比べて、株、葉、花ともに大きく、生育旺盛です。

真夏の強い日差しにも耐え、春から秋まで3シーズン楽しめます。

1株で鉢植えの場合約60cm、地植えでは約1m近く大株になることもあるので

大き目の鉢や広い場所に植え付けましょう。

成長が早いので、植え付けからすぐに花を楽しむことができます。

種をつけない栄養系のため、苗で販売されています。

インパチェンス Impatiens’s overview

花言葉 「優しい気持ち」 Language of flowers “Gentle feelings”
科 名 ツリフネソウ科 Family Impatiens
属 性 ツリフネソウ属 Genus name Impatiens
植物分類 熱帯アフリカ原産 
多年草
Plant classification Originated in tropical Africa,Perennials
鑑賞時期 5月~11月 Flowering time May – November
用 途 庭植え、鉢植え Use Potted plant, Outdoor plant
誕生花 7月25日 Birth flower 25th July

植え付け方法

水はけがよい

市販の培養土に

緩効性化成肥料を

元肥として混ぜこんで

植え付けます。

八重咲き品種は、雨によわいので

植木鉢に植えることをお勧めします。

肥料

花が咲く時期は、追肥が必要です。

置き肥又は、液体肥料をあたえます。

置き場所

半日陰(木陰、軒下など)に置きます。

梅雨時は、雨の当たらない軒下などで管理します。

日頃の管理

花が終わったら、病気やカビ予防のため

花ガラ摘みをします。

真夏は、株が弱り枯れることも多いので

剪定や、追肥はしないほうがよい。

水やり

真夏は表土がよく乾いたら、

早朝に鉢底から水が流れ出るほど

たっぷりと水やりします。

乾燥が激しい時は、

日中をさけて夕方に水やりしま

ブログを読んだ後は、励みになりますので、ぽちっとお願いします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ

アイコンの説明

インパチェンス
花壇で栽培、インパチェンス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タキイ種苗 草花 種子 インパチェンス・矮性中輪混合
価格:220円(税込、送料別) (2020/7/7時点)

 

 

楽天で購入

 

(Visited 497 times, 96 visits today)